谷ナオミの女侠客映画

  

お柳情炎・縛り肌(1975年)  

 

 

 谷ナオミの演じる燕返しのお柳は、沢井一家の親分の長女であつた。親分が死んで二代目を弟の松夫に譲り旅に出る。しかし、松夫は気が弱く、代貸の矢島に組を乗っ取られてしまう。矢島の裏切りに怒ったお柳は帰郷し乗り込むが、痺れ薬を盛られて捕らえられてしまう。
 さらに松夫の恋人のお美津(東てる美)も捕らえられ、すっ裸にされて土蔵に閉じ込められる。お柳はお美津の身代わりとなり、様々な屈辱責めを受け入れていく。
 この作品、矢島役の高橋明の渋い演技が秀逸。悪役はこうでなくちゃいけません。前半に逃亡した女郎の拷問シーンがあり、これも迫力あり。
 渋い高橋明に代わって、お柳を責めるのはレスビアンの気もある女房の松江だ。痺れ薬で動けなくなったお柳を裸にして愛撫するなどレズSMシーンもある。

しびれ薬を盛られたお柳は、レズビアンの松江に体を自由にされる


  戸板の上の開脚責めシーンは映画では一瞬で終わるが、スチールが多く残されているところを見ると見せ場だった筈。最後にカットされたのかもしれない。極めて残念だ。
 藤井克彦監督のスピーデイな演出も素晴らしい。谷ナオミの女侠客映画では、おそらくベストの作品だろう。


 
このシーンはカットが映るだけ。

こちらは腰巻着用バージョン

すちーぶ様よりの投稿(4連作)











 


 縄地獄(1978年)

 

  

 「お柳情炎」と「縄と肌」に挟まれて目立たないが、あの「やくざ天使」を原作にした映画である。父親である組長が死に、跡目を継いだ女侠客が新興やくざの罠にかかるという原作どおりの設定。この新興やくざが極めて近代的で、組長は背広、奥さんはワンピースである。そうした関係で谷ナオミも凄みよりも、心ならずも跡目を継いだお嬢様の可愛さを演出しているようだ。

酒宴で晒し者になる女組長

  


縄と肌(1979年)

 

 

  谷ナオミの引退記念映画と言う事で、ファンにとっては忘れられない作品。
 30歳で引退とは、今にしてみれば早過ぎる気がするが「30歳になったら、もうポルノ女優は引き際だと思う」と劇団ナオミも解散して九州に帰ってしまった。
 映画は緋桜のお駒の引退披露の花会で始まり、最後は任侠映画の大立ち回りで終わるという引退記念を意識した演出。谷ナオミの裸身もまさに熟れ切った美しさであった。
 物語はお駒と、女胴師の房江(橘雪江)との対立と復讐が絡むレズSM調。山科ゆりが、お駒が世話になった西村親分の娘役を演じる。友情出演の宮下順子は一瞬出るだけだが、なんとも美しく色っぽい。この他、足抜けして捕まり拷問される女郎は青山恭子が演じている。

               

照江とお駒の対立が物語りの複線。

 

l